クレジットカード現金化は犯罪なの?

クレジットカード現金化と聞いて中にはこれを犯罪行為だと思う人もいるかと思います。
それはどうしてかというと、クレジットカード現金化という名称が犯罪のように感じりるからです。
ですが、当然ですがクレジットード現金化は犯罪ではないので心配はないです。

クレジットカード現金化は犯罪ではない

クレジットカード現金化が犯罪だと思われる理由の1つがクレジットカード現金化という名称のせいでクレジットカードそのものを現金と交換することのように思ってしまうというのがあります。
もちろん、そのようなことはしないです。
では、どのようなことをするのかというと一般的には大手クレジットカード現金化の業者を使ってそこで指定された商品をクレジットカードで購入して、購入した金額の80%から90%くらいで買い取ってもらうことで現金を手に入れるというのがクレジットカード現金化です。
なので、このことで犯罪となることはないのでクレジットカード現金化を犯罪かもしれないと思うことはないです。

犯罪ではないが気を付けないといけないことがある

クレジットカード現金化は犯罪行為ではないのでその点は全く問題です。
ですが、何も気にすることがないというわけではないです。
では、どのようなことを気にしないといけないかというとカード会社からクレジットカード現金化を疑われないようにしないといけないというものです。
なぜなら、クレジットカード現金化は犯罪ではないですがカード会社によってはクレジットカード現金化を規約で禁止にしていたりするからです。
なので、クレジットカード現金化をする時は犯罪ではないので必要以上にビクビクしなくても良いですが、カード会社にクレジットカード現金化を疑われないようにする必要があります。
万が一疑われた時はちゃんとクレジットカード現金化をしてないことを主張しないといけないです。
それでなんとかなりますが、なるべくカード会社にクレジットカード現金化をしたと疑われないようにするのが良いです。

カード会社に疑われないようにする方法

実際にクレジットカード現金化をカード会社に疑われないようにするには現金化する時でも怪しいカードの使い方をしないことが大事です。
なぜなら、カード会社がクレジットカード現金化を疑うのはあくまでカードの使用履歴からしか判断できないからです。
つまり普通にカードを使っているだけならそれでクレジットカード現金化をしても疑われないということです。
なので、クレジットカード現金化をする時は不自然なカードの使い方は避けるのが賢明です。
もちろん、カード会社にクレジットカード現金化を疑われたとしてもそれで犯罪とならないのであまり神経質になることもないです。
あくまでカード会社から疑われない方が良いということを念頭に置いてクレジットカード現金化をしていくのが良いということです。

まとめ

クレジットカード現金化は犯罪ではないです。
ただ、犯罪ではないといってもカード会社はクレジットカード現金化を規約で禁止しているというのがあるのでカード会社にバレないようにする必要はあります。
そこだけ注意してクレジットカード現金化をやれば特に困ることもなく便利に利用できます。
なんとなくクレジットカード現金化を犯罪のように思ってしまう人もいますが、全然そのようなことはないので堂々と利用すれば良いです。